カーボディのコーティングについて

カーコーティング

 

ワックスよりも長持ちして、車の塗装もしっかり保護してくれるのが、カーコーティングです。

 

大体の人はワックスで済ませてしまう人が多いと思いますが、コーティングをしておけば、その後の洗車がかなり楽になります。ワックスでは月に一度は塗る必要がありますが、コーティングは数カ月もちます。その間は、水だけの洗車でOKですので、場合によっては逆に経済的になります。

 

スポンサードリンク

 

コーティング剤にも色々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

コーティングの種類

油脂系コーティング

油脂系とは、油を主成分としたコーティングです。水と油は混ざらないので、その性質を利用しています。ワックスと一部のポリマーが油脂系になります。非常に施工が簡単なことがメリットでして、一般の方でも気軽に施工できます。しかし、溶けやすいため雨で流れたりして劣化が早いので、あまりお勧めはしません。この劣化して流れ落ちた油脂成分がしつこい汚れとなる場合がありますので、注意が必要です。こまめな洗車が必要になります。

 

樹脂系コーティング

樹脂系とは、高分子化合物を塗布するコーティングです。イオン結合や分子結合により密着させるもので、フッ素系、ガラス系の一部、ポリマー等になります。しっかり下地処理の磨きをしなくてもコーティングで小傷が消せてツヤが出るため、比較的低価格になります。しかし、長持ちしないですし、ワックスと同様に劣化で塗装にダメージを与えてしまう場合があります。

 

ガラス系コーティング

ガラス繊維の入っているコーティングです。ガラス系は2種類あります。
@ ガラス繊維が樹脂系コーティングに含まれているもの
A ガラスに他の成分が入っているもの
@には、基本的に樹脂系です。
Aは含む成分によってガラスコーティングの性能を向上させているものもあります。

 

ガラスコーティング

ガラスの透明な固い被膜により、塗装を守ります。透明な膜を作るため、下地処理をしっかり行わないと美しく仕上がりません。下地が悪いとそのまま目立たせる方向に向かいます。これが油脂系や樹脂系と大きく違う部分です。一般の方でもワックスによりボディにツヤを出せる事は経験済みだと思いますが、これは油脂成分でボディの小傷等を隠しているからです。ある意味、化粧に似ています。(女性の方すみません・・・)

 

ガラスコーティングは透明度の高い湖を想像していただくとわかりやすいですが、底がきれいに見えるように下地処理をするため、時間がかかり比較的高価になります。

 

簡単なもので言うと、クロスに液を付けて塗るだけというものもあります。塗りムラにだけ気をつけてやればいいので面倒くさがりの人には、向いていると思います。他には、乾燥させて拭きとるものなど色々あります。

 

コーティングは本当にピカピカが長持ちして、気持ちがいいです。ですが、コーティングをしているからと言って洗車を怠ってはいけません。普段のメンテナンスあっての、コーティング効果です。

 

管理人の失敗談

管理人も友達にコーティングしてもらった時に、数か月はピカピカが長持ちが続くと聞いて、本当に数カ月ほったらかしにしたことがあります。今思うとよくあそこまでほったらかしにしたなって思います。

 

久々に洗車した時には、すでにコーティングの効果はなくなり洗車をしてもピカピカは復活しませんでした。それからはコーティングしてもまめに洗車をするようにしているわけですが、くれぐれもコーティングをしたからといって洗車を疎かにしないようにしましょうね。

 

シャンプー洗車でカーコーティングまで完了する!Gモード

 

ガラスコーティング グラス コート 親水 Water Coat ウォーターコート

 

次のページ:車内清掃の方法と注意点

 

スポンサードリンク