カーシャンプーの上手な使い方

洗車している写真

 

水洗いの次ぎは、カーシャンプーです。

 

カーシャンプーは入れ物を見ると、

 

「スポンジに付けて、泡立ててから使いましょう」

 

と書いてあるのが多いと思います。

 

たしかにスポンジに付けて泡立ててもいいのですが、なかなか上手く泡立たずにスポンジから水とカーシャンプーが流れ出てしまうことがよくありますね。

スポンサードリンク

 

カーシャンプーの写真

そうしないためにも、カーシャンプーはバケツで泡立てるのがいいでしょう。バケツに適当量のカーシャンプーを入れて、そこにホースの口を押さえて水の勢いを良くしてから入れます。円を描くようにすれば、奇麗に泡立ちます。

 

そうして出来た泡で優しく洗車です。

 

そのバケツの泡を水ごと車にかけて洗ってもいいし、バケツにスポンジ付けながらでも良いでしょう。どちらでやるにしても、素早く優しくが基本です。

 

水洗い

洗い終わったら、水をかけて泡をしっかり落とします。

 

この時に泡が残っていると、拭いてる間に乾いてしまったりして跡になります。せっかく洗ったのですから、最後まで気を抜かないようにしないとせっかくの洗車が台無し。

 

水を拭きとるものはタオルは出来ればやめましょう。

 

拭きとり専用タオルは持っていない人が多いかもしれませんが、出来ればカーショップ等に売っているような合成セームやクロス等を買って拭きとる方が、傷も付かず水も奇麗に拭きとれますのでおすすめです。

 

【参考動画】カーシャンプー『泡立ち一番』を使って洗車のやり方

 

次のページ:ワックスがけの注意点

 

スポンサードリンク