水垢や油膜をキレイに落とすためには

 

ボディの水垢の写真

 

洗車を奇麗に仕上げるためには、水垢と油膜を奇麗に落とすことが大切です。

 

水垢を落とすためには、カーシャンプーを使うのが一般的ですが、その時に長い間放おっておいた水垢はなかなか落ちてくれません。

 

また、なかなか落ちないからと言って、ゴシゴシ擦ってはいけません。強くゴシゴシしてしまうと、車体を傷つける原因になります。

 

車って意外とデリケートです。

 

スポンサードリンク

 

頑固な水垢を落とすには専用のクリーナーがいいでしょう。クリーナーを使えば簡単に奇麗に落とすことが出来ます。イライラせず仕上げられるでしょう。

 

水垢・油膜落とし専用クリーナー一覧

その他の水垢・油膜落としについて

また、これは友人の整備士の方から聞いた話で実際に行なっているようですが、クリーナーの他にも台所用中性洗剤がいいとのことです。

 

管理人自身は試したことはないので何とも言えませんが、薄めて使うと結構落ちるとその整備士さんが言っていました。中性洗剤は身体にも車にも害はないので、お皿の油汚れがあれだけ取れるのですから、車でも同じ理屈が成り立つようです。

 

ガラスの油膜の写真

ガラスについて見えずらくなってしまう油膜もしっかり取り除きましょう。これもただゴシゴシ擦っても落ちてくれませんので、ここでもクリーナーの登場です。

 

油膜と水垢両方に使えるクリーナーもあるので、それを使えば2種類買う必要が無いので良いですね。

 

ガラスはカーシャンプーでゴシゴシしない方がいいようです。流す前にカーシャンプーが乾いてしまうと模様が出来て見えずらくなってしまうためです。

 

【参考動画】水垢・油膜 速力クリーナー 使い方

 

車を買い換えたいと思っている場合

洗車をしても水垢だらけでもうだんだん愛着も無くなってきた・・・
そんなことを考えている方もいるかもしれませんね。

 

新しく車を買う場合は通常中古車をそのままディーラーや販売店に下取りで出してしまうのが一般的ですが、今ではオンラインの無料一括査定を活用してより高く売ることが出来るようになりました。

 

中には30万円、50万円と差額が出てくるケースもありますので車買取サービスはオススメです。

 

次のページ:カーシャンプーの上手な使い方

 

スポンサードリンク