虫の除去方法について

バンパーについた虫

 

洗車の時に意外と厄介なのが虫です。
夏などの虫の多い時期は、夜にちょっと走るだけでもフロントガラス、バンパー、ボンネットなど車の前には無数の虫がくっ付いて死んでいます。
夜に車を走らせる機会の多い人には、もうどうしても避ける事が出来ない本当に勘弁してほしい状態ですね・・・

 

スポンサードリンク

 

すぐに落としてしまえば特に問題もなく、簡単に落とすことが出来ます。しかし、こいつらが乾いてしまうと厄介ですね。水やカーシャンプーなどで擦ってもなかなか落ちません。落ちないからといって強くゴシゴシすると傷になってしまいます。

 

また、落ちないからと言ってほうっておくと、車にシミがついたり塗装が傷んでしまいます。特に大きい虫を無理やりはがすと大変です。

 

ここでは虫の除去方法について簡単に説明しておきます。

 

虫の除去方法

結論から言うと、乾燥してしまった大きい虫は、ふやかして取ります。

 

タオルやキッチンペーパーなどを濡らして、しばらく置いておきます。この時、当然ながらお湯の方が早く柔らかくなります。

 

柔らかくなったら、優しく拭き取ってあとは普通に洗車でOKです。

 

小さい大量に付いた虫でもこの方法は使えますが、ちょっと面倒だなって時は、便利な虫とりクリーナーです。
ただし、虫とりクリーナーは便利なのですが、管理人が使ってみた感想としては、自分でふやかした方がキレイになるかなと感じています。時間のない時だけ虫とりクリーナーに頼るようにしていますが、根本的にキレイに虫を除去するにはやはりお湯でふやかしてからとるのが一番キレイに取れるでしょう。

 

昔、梅雨時の夜に乗っていて次の日に見たらカエルがくっ付いていた時がありました。これにはビックリして、どうしようか困ったことがありました。

 

カエルも虫同様ふやかせばキレイにとれたのですが、虫と違ってなんだかちょっと気持ちがヘコミました・・・。

 

アクリル繊維スポンジを使った虫の除去

キレイに虫を落とす方法としてこんな参考になる動画もありましたので見ておくと良いですヨ。

 

車に付着した虫の死骸の簡単除去法 カーメンテナス

 

次のページ:足回りの洗車方法

 

スポンサードリンク