車内清掃の方法と注意点

車内清掃の様子

 

洗車はボディーだけでなく、しかっり車内もキレイにしたいところです。

 

いくら外装をキレイにしても、ダッシュボードや足元のマット、シートなどが埃やゴミだらけではカッコがつきませんし、気分も優れませんね。

 

スポンサードリンク

 

シートの汚れについて

特にシートの汚れに関しては、あまり頑固なものになってしまうと自力では落とせません。自分で落とすには、洗濯用の洗剤を薄めたものを布に染みこませて、叩くように落とします。ゴシゴシはシートを傷めてしまうのでよくありません。

 

また、直接洗剤をかけるのは絶対にダメです。

 

余計に汚れが広がってしまう可能性があります。やってみてダメなら無理せず、プロに任せたほうが良いケースがあります。

 

マットの汚れについて

足元のマットもすごく汚れています。特に砂が厄介でマットの中に入り込んで、叩いても叩いても出てきます。なので、マットをどこかにかけてホースで勢い良く水をかけます。

 

この時に高圧洗浄機があるとよりきれいに砂が出てきます。出てきたら洗濯石鹸で洗います。液体でも粉末でも大丈夫です。洗い終わるとゴワゴワした感じになります。

 

私はたいして気にならないのですが、気になる場合は柔軟剤がお勧めです。

 

洗い終わったらしっかり干します。生乾きでは匂いの元にもなりますので完全に乾くまで干しましょう。ボタンで留めるタイプのものでは、さびの原因のもなってしまいますので、乾かすのはとても重要です。

 

あとは、ダッシュボードを拭いてゴミを捨てたら完璧です。

 

プロの清掃方法

 

車内清掃おすすめ掃除機 ダイソンDC45使ってみました

 

次のページ:冬の洗車の注意点

 

スポンサードリンク