晴れた日の洗車について

晴れた日に洗車してはいけない

 

結論から言うと、晴れて暑い日は洗車に向いていません。特に夏の日差しが強い下での洗車はできるだけ避けましょう。

 

理由は簡単で、晴れていたり暑い日は車体が熱くなってしまうためです。

 

車体が熱くなるとカーシャンプーをしている最中に水気がすぐに蒸発してしまい、流すまもなく残ってボディにシミとなって残ってしまう可能性が高くなります。

 

これが付くとなかなか落ちなくなってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

ワックスも同様

同様に、ワックスをかける時にもよくありません。
車体が熱いとワックスが早く乾いてしまい、シャンプー時と同じくシミになってしまったり、シミまでいかなくても乾いてしまったことで拭きとるのにかなりの労を呈すことになります。

 

また、仮に運よくシミにならなかったとしても、強くこすることが多くなり、それを繰り返していると車体自体を傷つけてしまいかねません。夏の洗車は曇っている日や夕方が良いでしょう。

 

真夏の洗車を屋外で行う場合は、曇りの日の夕方がベストということになります。

 

晴れている日しか出来ない時には、日陰に車を置いておいて車体を冷ましてからするといいでしょう。夏以外でも日陰洗車の方が安心です。

 

洗車をする女性

 

それに管理人の個人的な経験では、炎天下のカンカン照りの中でフライパンのように熱くなってしまった車体で洗車してしまい、洗っている途中で、火傷してしまった、なんてこともありますので、車だけでなく、自分の身にも危険が伴います。

 

また、風のある日の洗車もやめておいた方が良いでしょう。
せっかく砂や埃を落とすために洗車をしているのに、水を拭き終わる頃には埃まみれになってしまうこともあります。

 

この時のショックはかなり大きいことは想像に難くありません。

 

洗車時の天候まとめ

晴れて風の強い熱い日と風の強い日の洗車はできるだけ控えましょう。

 

次のページ:水垢・油膜をキレイに落とすには

 

スポンサードリンク