《怖い塩化カルシウム》冬の洗車の注意点

冬の洗車の様子

 

雪の降る地方では凍結防止剤や融雪剤などがまかれます。この成分は塩化カルシウムです。

 

管理人の地域では凍結防止剤などをまとめて塩カルと呼ばれるほどです。意外と知られていませんが、こやつらが愛車にとっては実にたちが悪いのです。

 

塩化カルシウムは塩分なので車に付くと車が錆びてしまいます。特にマフラーなどがすごく錆びますのでほおっておくと本当に恐ろしいことになります。

 

塩化カルシウムはたしかに雪の日にないと困るのですが、車にとっては最悪です。ですので、凍結防止剤などがまかれているところを走ったら、必ず洗車することを心がけましょう。とくにマフラーなどの車体の下の部分が見落としがちなので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

管理人の経験談と塩化カルシウムを落とす方法

冬の道路

こんな時に高圧洗浄機があると楽に傷つけず塩カルを落とすことが出来ます。管理人は初めて雪道乗った時は、そんな知識はまるでなかったので、洗車をしなかったわけです。

 

そしてそのまま放置していたら、車検の時に

 

「かなり錆びてるね。」

 

と、言われてしまいました(泣)
そして、塩カルの説明を受けてとても凹みました。

 

それからは塩カルをまいた道を走った後は、なるべく洗うようになりました。高圧洗浄機はないので、せっせと冬の寒い中手洗いです。

 

でも、強く擦ると傷つくしマフラーとか洗いにくいので本当に大変です。嫌になってたまにガソリンスタンドで洗ってもらうこともあります。

 

やっぱり、冬の洗車は厳しいものがありますが、ここはコストや手間を惜しむとのちのち更に大きなコストが掛かってしまうことになりますので、特に寒い地域にお住まいの方は覚えておいて損はありません。

 

 

トップに戻る

 

スポンサードリンク